請願・陳情

請願・陳情とは

 

 市民が市の仕事や市政などについて、直接市議会に要望するものとして、「請願・陳情」があります。 「請願」は日本国憲法にも規定されている国民の権利の1つです。市議会に請願を提出する場合は、地方自治法の規定により、議員の紹介により提出しなければならないとされています。

 「陳情」は、請願のように憲法に保障された権利ではなく、一般的な手続きや形式が法律に定められているわけではありませんが、国または地方公共団体の機関に対し、実情を述べ適当な措置を要望することをいいます。

 ☆ 請願と陳情の違い
   「請願」も「陳情」も要望等を述べるという点で趣旨は同じです。大きな相
  違点は、陳情は請願のように提出の際の議員の紹介が必要ない点です。

手続および書式(ページ下部に記載例、書式があります)

1 請願は、表紙に表題を記載し、紹介議員(1人以上)の署名または記名・押印が必要です。陳情には必要ありません。
 記載にあたりましては、日本語を用いて、請願・陳情の趣旨(議会に対する要望等)、提出年月日、請願者・陳情者の住所、氏名を記載し、押印(朱肉を使用、認印でも可)してください。

 法人の場合は、事務所の所在地、名称及び代表者氏名を記載し、代表者の印を押してください。

  簡易な訂正が必要になった場合、御負担をおかけしないため捨印を押印願います。請願者・陳情者が複数の場合は、全員の捨印を押印願います。

  人数が多いときは(おおむね10人以上)代表者の住所、氏名を記載の上押印し、他に署名簿を添えてください。この場合、署名者が、その請願・陳情の趣旨に賛同していることがわかるように、各署名用紙に本文と同じ請願・陳情の趣旨を記載してください。なお、署名簿にも住所、氏名、押印が必要です。押印のない方は人数に入りません。

【記載例にある署名簿についての注意事項】

※人数が多く、署名簿が複数枚となる場合は、全て同様の書式を用いて提出願います。なお、1枚に記載する人数に決まりはありませんので、適宜、行を増やしていただいても構いません。

2 請願・陳情の趣旨は、できるだけ簡潔に記載してください。

3 複数の方で請願・陳情を提出される場合は、代表者の方の連絡先の電話番号を記載してください。なお、お一人で堤出される場合も電話番号を記載ください。

4 道路、下水道などに関するものは、できれば案内図や略図を添付してください。

5 原則として、定例議会開会日の7日前(開会日が土曜日または日曜日の場合は8日前または9日前)までに請願書または陳情書を御持参いただくと、その定例議会で取り扱われます。なお、請願・陳情は平日の午前8時30分から午後5時15分(正午から午後1時を除く)まで、議会事務局で受け付けています。
6 事前にファクス等で文面を確認させていただければ、訂正等が必要な場合に二度手間にならず効率的です。

7 請願書・陳情書の作成にあたりましては、下記記載例をご参照ください。
御不明な点は議会事務局議事係までお問い合わせください。
電 話 0428(22)1111 内線2204 FAX 0428(22)9368
 

請願

請願者1人の場合

請願者複数の場合

署名簿あり

記載例(PDF)

記載例(PDF)

記載例(PDF)

書式(Word)

書式(Word)

書式(Word)



陳情

陳情者1人の場合

陳情者複数の場合

署名簿あり

記載例(PDF)

記載例(PDF)

記載例(PDF)

書式(Word)

書式(Word)

書式(Word)


このページのトップへ