市議会と市長

市議会の役割

 地方自治は、私たち市民が市政を自分たちの考えと責任で行うことを理想としています。
 しかし、全市民が1カ所に集まって市政運営に携わることは不可能なので、市民の代表者として一定数の市議会議員を選挙し、選出された議員が《市議会》の中で市民を代表して多くの意見や要望を反映しながら市の方針などを決めています。
 市議会は、青梅市の《議決機関》ですから、予算や条例など、基本となるほとんどの事項を市の意思として決定する重要な役割を果たしています。
 この議決を経て、《執行機関》である市長が市政を運営していくことになります。
 市議会と市長は、ともに住民を直接代表する機関であるとともに、両者は並列対等の立場にあり、相互のけん制・調和による適切な行政運営の実現のために努力しています。